ブリーチするといいこと

髪にするブリーチって、悪者扱いされすぎているイメージがあるんですが、どう思いますか?

確かに髪にダメージを与える技術ではありますが

直毛で硬毛な私の場合、じつはブリーチすることにより、髪が扱いやすくなるので、気に入ってます。ツンツン立ち上がってくる髪はシュンとおさまり、スタイリング剤も言うことをきいてくれるようになります。



淡い色味を表現するときも、ブリーチって欠かせない技術で

ここでひるんで中途半端なブリーチをしますと、退色の綺麗な変化を楽しめません。


自由なヘアカラーや、(私のような悩みを持っている人にとって)髪の質感を作るためには、ブリーチって必要な技術です。


だからと言ってむやみやたらにブリーチすればいいって話ではなく



色も綺麗だしダメージも思ったより少ないブリーチができたら嬉しいですよね。(私も嬉しいです。)


それには、美容師の「ここからここまでを的確に明るくする技術」と

「目的の色味にするためにどこまでブリーチして何色を重ねるかと言う知識」が必要で

毎度神経を集中させる瞬間となります。


白っぽくしたい時に、一日で一気に明るくしてしまうのと

日をまたいで少しずつ明るくしてゆくのでも、全く仕上がりが違うので


ブリーチしたいけどダメージが気になってなかなか踏み出せないでいる方は、是非相談してほしいなと思います。



高円寺・新高円寺の美容院 カリプソショコラ美容室

ヘアスタイルに関するあらゆる「できない」を解消して、気分を上げましょう!カラーリングとカットに定評のある美容室。ハイトーンカラーのオーダーが多いため、ヘアケアの知識、対策も豊富に提案しています。

0コメント

  • 1000 / 1000